信清 建二

信清 建二

プロフィール
名前信清 建二(のぶきよ けんじ)
職業福祉関係
信清 建二
この人のFacebookをチェック
最近の活動日誌
  • このメンバーの投稿はありません。

信清 建二

目指すは百姓音楽家

自己紹介

 大学生時代に癌を患ったのがきっかけで、自身の健康と、それを支える医療や福祉について考えるようになりました。その後、茨城県で有機農業に取り組む団体に就職したことで、自分たちで手間暇かけて作った米や野菜が最高に美味しく、健康であるために食べ物がいかに大切かを知りました。2011年の東日本大震災で、地元の岡山県津山市に一時避難したのをきっかけに、その後、古谷夫妻とのご縁で智頭町に落ち着きました。

 町内で福祉の仕事をしながら、自然栽培での田畑と、趣味の音楽をしています。自然から学んだものを、歌にして表現していけたらと思います。目指すは百姓音楽家です。

自然栽培について

 2015年から自分担当の田んぼを貸して頂き、念願の自分の米を、自然栽培で収穫することができました。収量は少ないですが、世界一美味しいお米だと思いました。自然栽培は、感謝の気持ちを大切にした農法であり、生きるヒントだと思います。

今後の目標

 そらみずちのテーマ、空と水と土の三部作など、智頭での暮らしから生まれた歌がいくつか出来ているので、それをカッコ良くレコーディングしたいのですが、なかなか苦労しているところです。一緒に演奏してくれるメンバー募集中!

智頭の好きなところ

 田畑の管理もなかなか手が行き届かないのに、たまに作業をしていると、「ようやりんさるなぁ」と地域の方に優しく声をかけて頂けるのが本当にありがたいです。見守ってくださりつつ、過剰なお節介はなく、適度に放っておいて頂けるという理想的な状況です。古谷さんのお陰と思いますが。

お求めの方へ

 持続可能な暮らしについて考えておられる方は、消費者、生産者の境を越えて、ぜひ田畑へ見学に来て頂けたら嬉しいです。自分で感じ、考え、作ることはとても幸せです。

Top