そらみずちとは

土から学び、人が育つ

自然栽培は、子育てに似ていると誰かが言っていた。

余計なものは足さないで、土と作物の力を信じてそっと見守る。

自然がもつ治癒力と再生する循環の仕組みを信じて寄り添う。

ただそれだけのことだけど、なかなかむずかしい。

 

山の木や葉、野山の草花が自然に芽吹いては花咲き、
枯れて土となり、また次のいのちを紡いでいくように、
ヒトも、自然と調和しながら、じぶんと誰かのために
あぜらず、じっくり、ていねいに
食をつくることに喜びを感じて暮らしたい。


自然なものや行為は、自然がきちんと後始末をしてくれる。

肥料を与えれば「それは必要ないよ」と
代わりに虫が食べに来てくれる。

農薬を与えれば「それは不自然だよ」と
病気が腐らしてくれる。

ヒトが汚してしまった土は、大地に棲まう微生物たちが浄化して
元の状態に戻してくれる。

自然はとても正直。

自然はとても繊細。自然はよくできている。

昔の人々の暮らしには、自然と調和した生き方の法則があった。

『あの花が咲いたら種をまけばいいんだよ。』

『あの鳥が鳴いたら、畑を耕すといいよ。』

季節の移ろいや大地の声に耳を傾けながら、
生きていくために必要な知恵を自然から学びたい。

 

どんなに暮らしが便利で豊かになっても、
わたしたちが生きるために大事なことは、
健全な大地で健康な食をつくるということ。

大切なものは、常に足下にある。



繊細で優しく、生命力に満ちた自然栽培の作物は、
自然の恵みとは何かを、
命をつなげるということがどういうことかを
その味わいで語りかけてくれるような気がする。

 

わたしたちは、自然栽培とともに、ココロユタカな
農のある暮らしをつくり始めます。

Top