活動日誌

田んぼの除草比べ

智頭町でも梅雨に入り、 天気予報は傘マークの日が続いています。   天気予報と空を見ながら作業に出かけ、 雨の合間に田んぼの草取りに入っています。   田んぼの会の田植えから2週間ほどが経ち、 雑草が […]

耕さない田んぼで馬耕!?

森のうまごやの田んぼの脇には、生き物が住みやすい余白があります。   そこで水路からの冷たい水の流れが、穏やかになって田んぼに入ります。 水が多すぎるときには田んぼに入らず出口から流れ出ていきます。 &nbsp […]

耕作放棄地を再生する

この田んぼは無理だから止めたほうがいいよ、   そう言われた場所を今年は田んぼにしようと耕しました。         森のうまごやから歩いていける場所に、耕作放棄地が幾つ […]

作業によって築くもの

今年も桜の咲き始める頃、森のうまごやでは馬耕を始めました。     馬の福之助は去年、耕太郎が馬耕をしている姿を横で見ていました。   福之助はカルチベータ(爪で土の表面をひっかく道具)を引 […]

田んぼの時間

川からの水門が開かれると、春の冷たい水が田んぼの水路に一気に流れ込んできました。   子どもたちと水の流れを追って走っていくと、 水路にいた沢山のアカハライモリたちが一緒に流されていく姿が見え、 なんとか救い出 […]

空水地の収穫祭 12/15

12月になると智頭では霜が降りだし寒い雨の日もあるのですが、 合間にはホッコリするような、日差しのあったかい日もあります。 そんな、あったかい日に空水地の収穫祭を開くことができました。   自然栽培の畑で採れた […]

手をかけて作る喜び

畑に出ると汗が吹き出るような暑さの夏が終わり、 朝や夕方は涼しくなって、智頭は秋の気配が感じられるようになりました。   森のうまごやに神戸から「ぽれぽれ園」の親子が遊びに来てくれたので、 暑い日差しを避けて森 […]

馬とともに米づくり

今年も各地で集中豪雨が発生し、不安定な天気が心配になるこの頃です。   森のうまごやへ向かう道は昨年の豪雨で壊れてしまい、 毎日、砂利を運んだ夏を思い出します。   大雨が来る前に、畑の溝を掘ったり道 […]

自然栽培の農園めぐり

前から交流のある鳥取県木村式自然栽培実行委員会をお迎えする機会に、 そらみずちの自然栽培農園の視察と交流会を開催しました。   智頭町だけでなく鳥取市や岡山からも参加者がいて、 そらみずちの今を知ってもらうオー […]

自然栽培ガーデンの小屋づくり

そらみずちでは、自然栽培ガーデンを作りはじめました。 その農園の開拓と同時に、拠点になるような小屋を作っていきます。   今回の小屋づくりの会では、晴れている間に、 屋根張りまでは一気に進めてしまいたい。 とい […]

1 / 41234

最近の記事

月別日誌

キーワード

活動日誌の人気記事

Top